注文住宅の意味と兵庫県の土地・住宅事情

マイホームの購入は人生の中でも一大イベントで、人生で最高額の買い物となる場合もあるかと思います。

しかし、人生最高額の買い物を後悔するような事態は絶対に避けたいものです。

きちんと納得した上で計画と検証を行い、できれば妥協する事のないようにと考えるのは普通だと思います。

後悔や妥協を避け、満足度の高いマイホームをと願うなら、一からオーダーメイドで家を建てる「注文住宅」の方法が良いかと思います。

土地を購入し、そこに外観や間取りなど買い手の要望にそった家を建てる方法なので、オリジナリティーに富んだ納得の家を購入する事ができるでしょう。

今回は兵庫県における注文住宅を調べてみました。

土地の購入は場所によって異なり、兵庫県内だけでもバラつきがあります。

さらに、インターネットでも兵庫県内の注文住宅の受付を行っている建設会社は多数ありましたので、まずは複数の建設会社への相談が注文住宅購入の第一歩です。

お願いする会社選びは厳しく慎重に選ぶ事が大切です。

注文住宅を購入するならまずは家を建てる土地を探さなければなりません。

兵庫県の土地情報を探してみましたが、やはり中心都市である神戸市をはじめとした阪神エリアの流通が盛んなようです。

他にも東海道本線、山陽電鉄本線など電車の路線周辺なども人気があり、全体的に150㎡以上の土地面積の物件が多いようです。

価格や広さはもちろんですが人気のあるエリアや交通の利便性などもきちんと検討するべきでしょう。

そして建てる家ですが、兵庫県は夏場の暑さが有名です。

注文住宅での要望として暑さを伝えにくい高断熱住宅が注目を集めているそうです。

他にも家の中に入る日差しを遮ったり、断熱性や遮熱性の高い窓など暑さ対策の要望が多いようです。

インターネットで見てみると、路線やエリア、広さや価格、通勤通学の時間などいろいろな条件から検索できる不動産サイトが多数ありました。

こちらもまたいろいろなサイトで比較した方が良いでしょう。

リンクを張り付けておくのでぜひ参考にして下さい。

兵庫で注文住宅をお考えの方はこちら